安田刃物のこだわり 包丁づくりへの思い

さくさくと切れる喜びを
もっと身近に

包丁が完成するまでの工程は、優れた刃物鋼の特徴を活かす
熱処理に始まり、歪み取り、研ぎ研磨、ハンドル仕上げ、
本刃付け等、多岐にわたります。
安田刃物の包丁は、その工程のほとんどが手作業によるものです。
気持ちの良い切れ味を日々の調理で感じて欲しい。
そんな包丁づくりへの思いを大切に、日夜技術の研鑽に努めています。
さくさくと切れる喜びは、刃物を愛する職人達の手によって生み出されています。

製造工程の研究

本刃付け

数ある刃物鋼に適した専用砥石を自社で開発。
砥石の回転数にまでこだわり、
職人の手で1本1本
丁寧に本刃付けを施しています。

霞研ぎ

刀身の艶出しは、ペーパーの種類を変えながら研磨剤を付けて研ぎ上げています。1本1本手作業で仕上げています。

ハンドル仕上げ

ハンドル仕上げ

キッチンで毎日握るハンドル、その組み立て・磨きの全工程を手作業で仕上げています。あなたの手にしっかりと馴染みます。

オンラインショップ

安田刃物オンラインショップサイト